就寝中にナイトブラが必要な理由とは?!

最近、「就寝中のバストケアとして、ナイトブラを着用している」という人が増加しています。

ナイトブラの種類も豊富で、多数販売されていますよね。

でも、どうしてナイトブラは、就寝中に必要なのでしょうか?

そんな素朴な疑問の理由を探ってみたいと思います。

ハーフトップを着ている女性

女性の胸は、初経の前後約4年間で成長し変化するとのこと。

そこで、女性の胸はどのような構造になっているのか見てみましょう。

女性の胸を支える大事な役割を果たすカギは、大胸筋クーパー靭帯にあります。

どちらも、上向きでハリのあるバストを保つためには大切な部分です。

大胸筋とは、バストをしっかりと支える土台部分にあたる筋肉です。

大胸筋が衰えると、バストの下垂れやハリのなさの原因にもなるので、適度に鍛えることも大切です。

 

そして、コラーゲンを主成分とし、乳腺を支える釣り糸のように胸全体に網目状に張り巡っているのがクーパー靭帯です。

クーパー靭帯は、バストの形を保ち、下垂れを防ぐ役割があるので、形の良い丸みあるバストを保つ為には伸ばさないようにすることが重要です。

でも、クーバー靭帯は、就寝中でも伸びる危険性があります!

 

ナイトブラはクーパー靭帯の伸びを防ぐ?

寝ている間、私たちのバストは想像以上にあらゆる方向に動いていることをご存知ですか?

人は就寝中に、20回以上寝返りすると言われています。

仰向けで寝ると、バストの横流れ、横向きになる前中心に動き、うつ伏せ寝にいたっては、潰しているわけですから、知らないうちに動いたり圧迫を受けていることになります。

こんな強い刺激を毎日受け続けると、胸を支えるクーパー靭帯が伸びてしまう危険性があるんです。

ナイトブラが必要かを悩む女性

クーパー靭帯は、伸縮性に優れた性質ではないので、一度伸びてしまうと戻ることはできません。

そして、伸びてしまうと、バストを支える力も弱くなり、離れ胸や下がり胸の原因にもなってしまいます。

なので、就寝中もクーパー靭帯が伸びないようにバストを支え、正しい位置を保ちながら、優しく守るためにもナイトブラは、日中用のブラと同様に習慣として着けた方が良いんですね。

ナイトブラのメリット・デメリット

ナイトブラは、着けて寝た方が良いのは分かりましたが、メリットとデメリットも見ておきたいと思います。

ナイトブラのデメリット

  • ナイトブラによって機能性が違う
  • 肩ひもの調節ができないものが多い
  • 特徴をしっかり把握しないと期待通りの使用感が得られない

ナイトブラのメリット

  • クーパー靭帯の伸びを防ぐ
  • 就寝中のバストの横流れを防ぐ
  • 就寝中のバストを優しく支える
  • 就寝中のバストを正しい位置に保つ
  • 睡眠の質を上げてくれる
  • バストの下垂れを防ぐ

 

ナイトブラのデメリットは、購入する前にしっかり検討できればデメリットは問題なく解決することができますね。

ナイトブラには、デメリットよりも多くのメリットが得られますね。

バストの形やハリを維持する為には、就寝中でもナイトブラ着用がカギとなりそうです。

人気のナイトブラ比較はこちら

コメント