ブラトップはナイトブラの代わりに使える?

就寝中のバストケアに着けているナイトブラですが、ブラトップでもナイトブラの代わりになるのでしょうか?

そこで、特徴や機能性について調べてみました。

ブラトップの特徴と機能性?

まず、そもそもブラットプとは、どのようなインナーウェアなのか、ご紹介します。

ブラトップの特徴と機能性

ブラトップと言うと、ユニクロのインナーウェアを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、ブラトップは、タンクトップやキャミソールの内側にカップが付いたブラジャー機能のあるインナーウェアです。

インナーとしてはもちろん、最近は、トップス1枚として着用できるデザイン性の良いものもあるので、幅広い年代の女性に人気があります。

ブラトップのメリット・デメリットは?

ブラトップが人気の理由でもあるメリットをあげたいと思います。

  • ノンワイヤーでワイヤー跡がつかない
  • 締め付け感がない
  • インナーウェアに見えない
  • 洗濯が簡単
  • 価格が安い
  • 冷え性対策にも良い

などがあります。

一方で、デメリットもあります。

  • バストへのサポート力が弱い
  • バストを下から支える力が弱い
  • バストが横流れする
  • 胸の形が崩れる

などがあげられます。

ブラトップは、締め付け感がなく、楽チンで、コスパが良いなどのメリットは多いですが、持ち上げて支える力が弱いので、バストが下垂れするなどのデメリットもあるようです。

なので、毎日の生活の中で、上手に使い分けて利用するようにしたいですね。

ブラトップはナイトブラの代わりになる?

就寝中につけるインナーウェアにナイトブラがありますが、ナイトブラの機能にはどのようなものがあるのでしょうか?

ナイトブラの機能は次のようなものがあります。

  • 就寝中のバストケア
  • ノンワイヤーで締め付け感がない
  • 脇のお肉を寄せ上げる
  • 下からバストを支える

 

ブラトップではナイトブラの代わりはできない!

ブラトップは、着心地が楽なので、就寝中に着用する人は多いかもしれません。

でも、ブラトップでは、ナイトブラのような効果を期待することは難しいようです。

なぜなら、ブラトップは、就寝時に着用するインナーウェアではないからです。

就寝中のバストは、横向きや仰向けで寝たり、寝返りをうつことで、バストへの負担は大きくなります。

ブラトップには、このようなバストを支えるようなサポート力は、ほとんどありません。

なので、バストが横流れや下垂れしやすくなるんです。

また、胸が横や下に引っ張られることで、クーパー靭帯が伸びてしまう危険性もあるんです。

クーパー靭帯は、一度伸びてしまうと、元には戻りませんので、就寝中のバストケアは必要です。

このようなことから、就寝中の胸を支える機能性が薄いインナーウェアを着用することは、バストのためには避けた方が良いですね。

 

その点、ナイトブラは、就寝中に着用するブラなので、快適に眠る事が出来る上に、女性の胸のことを考えて作られた理想的なナイトブラです。

ほとんどのナイトブラは、ノンワイヤー構造で、締め付け感もなく、それでいて、適度にバストを寄せ上げる機能をもっているので、クーパー靭帯の伸びから守ることも可能です。

また、日中も併用できるナイトブラもたくさんあります。

最近では、ナイトブラの種類は豊富に揃っていますので、自分にあったサイズのもの、素材、デザイン性、コスパもしっかりと比較した上で、賢く使うようにしたいですね。

 

メニュー

Menu